Press "Enter" to skip to content

タバコで増える活性酸素!喫煙者は今すぐ水素水を


昔と比べると、喫煙者に対する風当たりがとても強くなりました。タバコが吸える場所が少なくなった他、タバコの値段が高くなったという理由などから、禁煙者はどんどん減っています。

とはいえ、何年・何十年とタバコを吸い続けてきた人にとって習慣の1つでもあったタバコを辞めるのは至難の業。「カラダに悪いことは分かっているけど…」「やめたくても、やめられない…」という人も少なくないはず。

そこで今回は、禁煙者におすすめしたい水素水について紹介します。タバコを吸う人にとって、水素水がどのような効果をもたらしてくれるのか!見ていきましょう。

タバコを吸うと、カラダに有害な活性酸素が発生する

タバコを吸うと体内で「活性酸素」が発生します。活性酸素は強い酸化力をもつ物質をいい、体内へ侵入した最近や有害な物質をやっつけてくれるのです。一方で活性酸素が多すぎると、正常な細胞や場合によっては遺伝子も破壊してしまいます。

発生の原因は「ニコチン」や「タール」

タバコに含まれている物資の代表格と言えば、「ニコチン」や「タール」です。1度は聞いたことがありますよね?これらカラダにとって有害な物質が体内へ侵入すると、カラダは有害物質を排除しようと防衛システムが働きます。

この防衛システムというのが、活性酸素なのです。本来であれば、カラダを有害から守ってくれるために発生する活性酸素。タバコなどにより、大量に発生した場合には攻撃的になってしまうということを覚えておきましょう。

タバコがもたらすカラダへの悪影響

タバコは百害あって一利なしと言われるほど、カラダにとって悪いものと世間でも認識されています。実際のところタバコをすうと、どのような悪影響が起きるのでしょうか。

老けるのが早くなる

タバコに含まれているニコチンやタールは、女性ホルモンの働きを妨げます。そのため顔のシワが増える・たるみが出るなど、肌老化を早めてしまいます。その上、肌を若返らせるために必要なビタミン類がタバコを吸うと減少。

また、前述でもあった活性酸素が大量に発生し、ビタミンC・Eが大量に消費されるため、肌を作る成分であるコラーゲンまで減少するのです。何気なく吸っているタバコのせいでいつの間にかシワやタルミが増えるという結果に。少しでも体内から活性酸素を除去するといった意味でも、水素水を飲むことがおすすめします。

歯周病にかかる

タバコに含まれる有害物質によって、口内で病原菌が増殖します。これにより、口内の毛細血管に流れている血が滞り歯周病となってしまうのです。口臭がキツくなるだけでなく、歯が抜け落ち歯茎が腐るなど、生活に支障をきたすことも多いと言われています。

ガンの発症

タバコの煙には200種類以上もの有害化学物質が含まれており、この中に発ガン性物質も含まれているとされているのです。タバコの煙が取り込まれる肺だけでなく、口から離れた臓器にまでガンのリスクを上げると言われています。

心筋梗塞

タバコを吸うとニコチンが血管を収縮させ血行を悪くさせます。これにより、心臓の筋肉に酸素を送り込んでいる血管が詰まり、心臓の筋肉に届けられるはずであった酸素が不足し、心筋梗塞に。

水素水を飲むことで、タバコで発生する有害を軽減できる

水素水は体内の活性酸素を、無害な水へと変えて除去する効果があります。そのため、前述にあったガンや心筋梗塞・肌の老化を軽減させてくれます。

これは医学的臨床実験の結果でも、水素は活性酸素が原因で起こる症状・疾患に効果があると証明しています。このような部分から、とくにタバコを吸っている人へ水素水を飲むことがおすすめだと言えるのです。

ただし、水素水に禁煙補助効果はない

もしかすると水素水に禁煙効果を期待している人がいるかもしれません。しかし、結論を言えば、水素水に禁煙補助効果は期待できません。その理由はタバコやめられない理由は、活性酸素にあるのではなく、習慣化されてしまった脳の中毒症状によるものだから。

このように水素水の期待できる効果は活性酸素の還元であり、脳の中毒性緩和ではありません。

まとめ

タバコによる人体への影響は切っても切り離せない問題。しかし、いくらタバコがカラダに悪いとわかっていてもやめられないのが事実。タバコをやめると、ストレスが溜まるから吸い続けると思っている人もいることでしょう。

しかしそんな喫煙者の方も健康への影響を気にしてほしいもの。今回紹介したように、水素水で活性酸素を除去することにより、いくらかカラダにある害を軽減できるはず。この機会に水素水を飲んでみてはいかがでしょうか。