Press "Enter" to skip to content

さぁ、スタート!「水ダイエット」の効果的な実践方法4つ


ダイエットには絶対必須と言える水。水ダイエットで得られる効果については、前回の内容で詳しく紹介しました。

「水ダイエット」で得られる5つの効果

水をどのように飲むかで、ダイエット成功に近づくかどうかが決まると言っても過言ではありません。とはいえ、ダイエットを目的とした水の飲み方を知らない人は意外と多くいます。せっかくダイエットを目指し、せっかく水を飲んでいるのであれば、効果的な方法をおさえて実践してみませんか?ここでは、水ダイエットの効果的な実践方法を紹介します。

「水ダイエット」はこのように実践しよう!

冒頭でも触れたように、水の飲み方はとても重要。水を飲むこと自体はカラダに良いですが、さらに得られる効果を高めようとするのであれば、効果的な飲み方を知るべき。勉強でもスポーツでも、ただ行うだけでなく工夫を凝らした方が効果は出ますよね?水を飲むのも同じですよ。

実践のコツ1. 食事前にコップ1杯の水を飲む

「水ダイエット」をするうえで、飲むタイミングはとても大切。とある研究結果の発表によると、食事前に水を飲むことで食事による摂取カロリーの減少効果があると言われています。つまり食事前に水を飲むのは、ダイエットに最適なタイミングと言えるのです。飲む水の量にもよりますが、このタイミングで水を飲むことでおよそ50~100カロリーも減らせるのだとか…。

ただし、食事前・食事中に水を飲み過ぎてしまうと胃痛が起きたり、食べたものを消化する胃液効果が弱まることがあるため注意が必要。水ダイエットをする場合は、1日3回の食事前にコップ1杯程度の水を飲むだけでも十分です。覚えておいてくださいね。

実践のコツ2. 時間をかけて「常温」で飲む

とくに夏場などは、キンキンに冷えた水を一気に飲みたくなるもの。ですがダイエットで痩せることを考えた場合、「常温」で飲むべきだと言えます。理由は、詰めたい水を一気に飲むと肝機能やカラダを冷やしてしまうため、代謝が下がってしまうから。

また、冷たい水が一気に胃袋へ流れ込むことで大きなダメージを受けます。これにより体調を崩す、自律神経が乱れるといったことも。結果的にダイエットにとってマイナスとなるため、最もカラダに負担がかからないよう、「常温」で水を飲みましょう。

実践のコツ3. 体重の4%量の水を飲む

水を飲むという話になるとよく耳にするのが、「1日に必要な水量は2リットル」といった内容。これにはそれぞれ諸説や、考え方があると思います。独自でどれくらいの量を飲むのが適しているかを調べていると「自分の体重の4%を目安に飲む」といった内容がありました。
人によっては身長や体重が違えば、水分量や体重も違います。そのため、体重50キロの人、80キロの人が同じ水分量で良いかと言えばそうではないはず。

たとえば
・体重が50キロの人であれば、50×4%(0.04)=2リットル
・体重が80キロの人であれば、80×4%(0.04)=3.2リットル
となります。数値はあくまでも参考の1つとし、自分にとって無理のないように水を飲みましょう。

実践のコツ4. 自分が飲みやすいと思う水を選ぶ

水ダイエットでは、「軟水・硬水どちらが良いか」「炭酸水は効果がある」「バナジウム水はダイエットに最適」などさまざまな情報が飛び交い、結局のところどれを飲めばいいのだろうと悩みます。

水ダイエットで飲む水は、どの水を飲んだとしても効果はあります。色んな水を試して自分が1番飲みやすいと思える水を選び、水ダイエットを継続させていきましょう。

まとめ

水ダイエットの効果的な実践方法について紹介してきました。参考となりましたでしょうか?今回の内容の他にも、「効果的」と言える方法はあるでしょう。色んな情報を収集して積極的に実践してみましょう。

試していると「この方法で効果が出た?」と実感できる場面が訪れるはずです。カラダに無理がないように、水ダイエットを続けてくださいね。